2010年6月末から7月上旬
中国四川省・「神秘の湖と無数の滝を巡る旅」

@ 関空から四川省へ(上海を経由することも)
関西空港−飛行機(約3時間15分)−北京空港(乗り継ぎ)−飛行機(約2時間45分)−成都空港

※ 経路の時間には、乗り継ぎ、宿泊、時差等は、含まれていません。

早朝の成都空港
川主寺へのフライト

A 有名になった九寨溝と黄龍への玄関口として建設された標高3,500mの川主寺空港から九寨溝へ
成都空港−飛行機(約50分)−川主寺空港−バス(約2時間)−九寨溝


川主寺空港 標高3,500m
大勢のツアー客の出迎えが待っていた
一挙に富士山より高い高地に、防寒具の販売が目立つ


九寨溝の入口 標高約2,000m

九寨溝は、約50Kmに及ぶY字形の渓谷に大小数々の湖が連なり、
水に含まれる石灰の浄化作用で湖底まで見える透明度が神秘的な
世界を見せてくれる。また、湖と湖を繋ぐ無数の滝が様々な変化と
スケールで見事な景観を繰り広げる。

九寨溝の中心にある標高2,390mの湖「鏡海」

「鏡海」の透明度
「諾日朗瀑布」 鏡海湖に繋がる滝、九寨溝の中心部にありランドマークにもなっている。幅320m高さ30m 

水車のマニ車

村の入口の仏塔とタルチョ

村の路上で踊りの練習
動画(AVI形式)です。
     Windows Media Player でご覧になれます。

九寨溝内にあるチベット族の部落

チベットの民族衣装で出迎え
「樹正瀑布」 九寨溝三大瀑布の一つ。
「長海」 九寨溝の最奥にあり最大の湖  標高3,100m 

民族衣装の写真撮影が盛ん

「長海」湖

五色に変わり、最も美しいといわれる小さな湖 
「箭竹海」
「箭竹海瀑布」 標高2,600m

「箭竹海瀑布」

「箭竹海瀑布」

「熊猫海」(パンダ)の湖面は、白と黒

パンダ海の魚影

民族衣装のレンタル  20元(約300円) 「熊猫海」にて
      
   
「五花海」 標高2,480m
   
「珍珠灘」 五梅花の下流に続く浅瀬  「灘」と言われるせせらぎが広がり、やがて滝へと続く
「珍珠灘瀑布」 落差40m 幅310m

民族舞踊ショー
動画(AVI形式)です。
     Windows Media Player でご覧になれます。
B 九寨溝より更に奥地へ標高約3,600mの峠を越えて神仙池へ
九寨溝−バス(約3時間30分)−神仙池・標高2,600m
神仙池への入口にて
神仙池へは、3,000m級の山々を越えて行く
九寨溝より後れ、2003年9月にオープンした神仙池風景区は、九寨溝より更に3,000m級の峠を越えた奥にあり、30カ所もの急カーブの山道をグリーバスと電気カートを乗り継いで行く。

九寨溝に比べスケールは小さく、一周約2時間程度であるが、九寨溝と黄龍を一緒にしたような変化に富んでいる。
C 九寨溝から川主寺を経て黄龍へ
九寨溝
−バス( 川主寺を経て約3時間)−黄龍入口・標高3,400m−徒歩(約3時間)−五彩池・標高4,000m

黄龍への車窓より

川主寺の峠越え 標高4,200m

峠道は至る所工事中

黄龍の入口案内図  黄龍は1992年世界遺産登録

黄龍寺の奥に聳える「玉翠峰」 標高5,160m

歩道はすべて木道で整備されているが、
高地のため高山病になる人も

酸素吸入ができる休憩所

黄龍寺 標高3,553m

海抜3,340m標識

黄龍寺の奥に広がる「五彩池」の景観
五彩池の一部
D 四姑娘山麓の日髑コは、四姑娘山自然保護区で花の宝庫
成都空港
− バス(約5時間)−宝興−バス(山道約4時間30分)−夾金山峠・標高4,100m−日驕|双橋溝−海子溝−巴郎山峠(晴天なら四姑娘山の容姿が見られる)

夾金山の麓の町 「宝興」

宝興は、ダム湖の町

動画(AVI形式)です。
     Windows Media Player でご覧になれます。
宝興は、ダム湖の町
早朝には、大小様々な石を満載のトラックが行く
山峡の町には、大きな石工場が連なっている。

双橋溝にて

双橋溝「盆景灘」にて

双橋溝にて

串焼き、ジャガイモ、肉、マツタケなど


霧の「夾金山峠」 標高4,100m

夾金山の濃霧、寒い

夾金山峠の帰途は、快晴

瓦礫の霧の中で「黒いケシ」を見つける。

ここから見えるはずの「四姑娘山」6,250mは、霧の中

「四姑娘山」6,250mの容姿 ホテルの額
日驍ノて
日驍ノて

ご高覧ありがとうございました。
直線上に配置